海外実学研修

スイス・イタリア・フランスで本場の感性と技術に触れる。世界有数の食のプロを育てる学校と海外提携。

海外実学研修(6泊8日)スイス・イタリア・フランス

洋菓子・パン・カフェ・コーヒーの本場へ!スイス・イタリア・フランスで本物を満喫

ホスピタリティ産業世界一のスイス、バール発祥の地イタリア、洋菓子や西洋料理の本場フランスを訪ねます。 1年次の秋に実施する海外実学研修では、本場ならではの感性と技術に触れることができます。 そこで出会える大きな感動は、きっとあなたの「食」に対する視野を広げてくれるはずです。

Switzerland・Italy(スイス・イタリアコース)

ホスピタリティ先進国スイスの提携校や海外の施設などを、イタリアではカフェやバールなどを見学することで専門性をより高め、視野を広げることができるプログラムです。

イタリアでは、バールやカフェなどを見学し、五感で本場を感じることで将来の開業の夢も広がります。

イタリア・ミラノといえば、やはり、ドゥオーモ(ミラノ大聖堂)。町全体が中世の佇まいを残し、デザイン美にあふれる。日本の「木と紙の建築文化」に対し、「石の建築文化」の重厚さを肌で感じることができます。

海外提携校「エコール ホテル ローザンヌ」
Ecole hoteliere de Lausanne

スイス・ローザンヌにある、ホスピタリティをベースに業界の人材育成を行っているホスピタリティの学校です。1893年、世界最初のホテル学校として開校。授業は英語とフランス語で実施されており、世界90ヶ国から約900名の留学生を含め1,800名が学んでいます。

即戦力として必要なすべてのことを学習する、実践的な授業内容です。ホスピタリティ業界だけではなく一般企業からのニーズを明確に認識し、マネジメントやコンサルティングができる人材育成のため、会計学やビジネス、法律などを必須科目としています。

フランスコース

フランス国内初のプロ職人のための学校「セプロック」での実習などを通じて、本場を体感できます。

海外提携校 「CEPROC」 (セプロック)
CENTRE EUROPÉEN DES PROFESSIONS CULINAIRES(サントル ウロップ デ プロフェスィヨン キュリネール)

1969年、国立食肉加工業および仕出し業連盟(CNCT)会長のジェラール・ベエール氏によってパリ19区に布石が打たれ、その5年後には、食品加工業および仕出し業推進ヨーロッパセンター(CEPROC)に。フランス国内初の「プロ職人によるプロ職人のための学校」。現在は、製菓部門なども開設され、経験豊かな50名の講師の指導のもと、食肉加工業・仕出し業・製菓調理および販売に関するさまざまな実習が行われています。

即調理とパンの2コースに分かれて実習授業。 最終日のランチには、作った料理とパンを試食!

「VALRHONA社」(ヴァローナ社)
L’École du Grand chocolat(エコール・デュ・グラン・ショコラ)

※海外実学研修過去実績

1922年創業のヴァローナ社は、プロフェッショナル向けクーベルチュール(製菓用チョコレート)を製造・供給する高級ショコラティエ(チョコレート専門店)です。昔ながらの製法と職人の技術を生かし、厳しい品質管理のもとで製造されるそのチョコレートは、古くから世界のパティシエに愛され続けてきました。この海外実学研修では、同社の研修機関「L’École du Grand chocolat」にて特別講習を行っていました。

  • 体験入学
  • 資料請求